毎日の暮らしの中で、生活苦を感じているのなら市町村の役所に相談するのが良いでしょう。
自分が住んでいる最寄の役所に行くことです。
窓口は、わからなくても職員に伝えれば該当するところへ案内してくれます。
生活苦と言っても、何が原因なのか、まずは相談をすることです。
借金問題からの生活苦なら、その解決策として債務整理などの制度もあります。
また、病気などで働くことができないときには生活保護の申請もできます。
急な出費があり、お金が必要な場合には低金利での貸し付けもしています。
他にも、様々な原因で生活苦に陥るケースがありますが、まずは役所に相談に行くことです。
一人で悩んでいても、中々問題は解決しません。
今は、さまざまな公的な支援やサポートが存在しています。
わからないことを、聞きにいくだけでも大きな収穫になります。
日本は、欧米と比べると福祉が遅れていると言われていますが、現実はそんなことはありません。
相談者の秘密も守られて、今自分が受けることができる支援などを教えてもらえます。
日本では、待っているだけでは何もしてもらえません。
まずは自分が行動をして、申請をすることでサポートを受けることができます。

01

生活苦の場合どんな支援が受けられる?

生活苦に陥った場合、国の支援が受けられます。
一番知られているものが生活保護ですが、この生活保護を受けるには要件があり、現在ではその認定は厳しくなっています。
かつては預貯金がゼロの場合には、スムーズに生活保護が受給できましたが、現在では不正も多いため、他の資産の有無など詳細に調べます。
では、生活保護以外で公的な支援では、生活福祉資金貸付制度があります。
これは失業などで現在収入がない、あるいは病気などで働けないなどの理由での緊急の融資です。
この場合には住宅が賃貸の場合に家賃補助を受けることも可能です。
こうした支援対策は、各都道府県の福祉協議会が行っています。
民間の融資よりも低利であるところ魅力なので生活苦でどうしてもお金が必要なときには相談してみるといいでしょう。
これらの支援施策は、生活苦で困窮している人が自立するためのサポート的な制度です。
ただし、貸付制度なので、返済の必要があり、一定の返済能力についても問われます。
生活苦でお金が必要であれば、地域の福祉協議会にまずは相談してみましょう。

02

母子家庭だと生活苦になる?

子どもの貧困率が高いのが、母子家庭であり、その5割が生活苦にあるといわれています。
その理由は、現在の母子家庭の世帯年収が平均で200万円とされています。
子供を持ちながら、年収が200万円にも満たないケースも多く、これが生活苦に繋がります。
特に子どもがまだ幼い場合には、フルタイム勤務をすることは厳しいものがあります。
また、雇用する側も幼い子どもがいる場合には採用を控えることもあり、フルタイムで仕事をするには厳しい現状ではあります。
そのため、短時間のパートなどをして働くケースが多く、年収も低くなります。
もともと正社員でも、日本ではまだまだ男性と女性では賃金格差が存在しています。
このことからも、母子家庭の女性はさらに不利な状況になりやすく生活苦に陥ります。
国からの支援やサポートも確かにありますが、生活苦の改善にはまだ及びません。
現在の母子家庭になった経緯は、80%以上が離婚が原因です。
しかし、離婚後も元夫から子どもへの養育費がキチンと送金されるケースは約20%程度です。
父親が養育の責任を放棄している現実が、母子家庭を苦しめている原因の一つでもあります。
最近では、この養育費未払問題を法律でキチンと定めようという動きもでてきました。

03

旦那の借金問題を解決する方法は?

生活苦の旦那さんの借金を解決するには、まずは可能な範囲で節約をしていくことです。
返済できない借金を抱えてしまう方は、無理な借入をしているケースが多いのです。
どんなに年収が高くても、返済能力を超えた借入をしていれば返済できなくなるのは当然のことでしょう。
ムダ使いをなくし、返済額を増やしていき、具体的にいつ完済できるのかシミュレーションをします。
自力で返済することが難しい状況なら、債務整理を検討することも伝えてみましょう。
債務整理は法的に借金を解決する方法であり、自分の身の丈にあった債務まで減らすことができます。
比較的少ない金額だと、任意整理が一般的ですし、高額になると個人再生や自己破産が必要になる場合があります。
キャッシングやカードローンなどをグレーゾーン金利で借入していたなら、過払い金を回収できる可能性があります。
生活苦の旦那さんに過去のローン明細を見せてもらい、20.0%を超えた金利で借りていなかったか確認しましょう。
25.5%などの金利で借りていたなら、間違いなく利息を払いすぎています。
契約完了から10年を過ぎると過払い金の時効になりますが、それ以前なら弁護士や司法書士を通して回収することができます。

04

関係性が高いおすすめサイト

色々な状況の生活苦があると思います。
ただ、いずれにしても、生活苦状態であれば、借金を抱えているということもあるかもしれません。
借金苦であれば、借金苦を詳細解説しているサイトを見てみるのがオススメです。
まずはどんな対策があるのか、知識を得ることが大事です。